インスリン持続皮下注入療法 / CSII

よりよい糖尿病管理で、よりよい暮らしを
糖尿病の治療においては、インスリンを自己注射、つまりご自身で定期的に(1日に3-5回程度)自己注射する必要がありますが、インスリンポンプ療法では1日に頻回の自己注射療法に比べて、2〜3日に1回のカニューレ留置で済む為、注射の回数が減り、痛みから解放されます。もちろん、器械である以上、故障やトラブルなど若干のリスクはありますが、適切な予防と対処により軽減できます。患者様が正しい教育を受けて正しくお使いになれば、生活における自由度が増して、患者様のQOLの向上に貢献できると考えます。私たちは、この機器のレンタルを通じて、患者様に安心とより良い暮らしをサポート致します。

医療従事者の皆様へ
※ CSII療法についてのお問い合わせは、お電話またはメールにて弊社までお問い合わせ下さい。

インスリンポンプについて

インスリンポンプとは
インスリンポンプとは、インスリンを注入するための器械で、

1.ポンプ本体
2.注入セット(ポンプと本体をつなぐチューブ及びテープ付きカニューレ)
3.シリンジリザーバー(最長3日分のインスリンを充填してポンプに内蔵する容器)
4.インスリン(超速効型のバイアル(瓶入り)を使用)

から構成されます。
※ イメージ画像

CSII 療法と注射療法の比較

CSII 療法 注射療法
インスリン投与方法 ポンプ+注入セット ペン型注入器+注射針
使用する
インスリンの種類
超速効型のみ 持効型+速効型または
混合型+超速効型等の
2種類以上
注射の回数 最長3日に1回の
カニューレ留置
1日に1-5回の注射
血糖自己測定の
必要回数
4回以上/日 4回以上/日


SIDE MENU






株式会社メドックス
〒536-0023
大阪市城東区東中浜9-1-14
TEL 06-4258-5050
FAX 06-4258-5060

【営業時間】
月〜土 9:00~17:00
【休業日】
日曜日・祝日
※但し、緊急時対応除く